任意整理 グレーゾーン金利

topics2-ph_on債務整理には、いくつかの方法がありますが、そのうち任意整理について説明します。

任意整理とは、少し簡単に表現すれば、裁判所を介さずに直接債権者と交渉することにより債務を整理する方法をいいます。

(裁判所を介さない、という点で特定調停とは異なります。)

 

この任意整理は、債務の整理にとても有益なことがあります。

特に、大手の消費者金融やカード会社においてもかつて「グレーゾーン金利」を採用していたため、「グレーゾーン金利」でお借り入れされていた方の場合には大変効果的な債務整理の方法です。

では、グレーゾーン金利について説明します。

 

<グレーゾーン金利>

① 利息制限法

この法律では、金銭消費貸借(キャッシングのことです。)における利息の上限を定めています(利息制限法第1条参照)。

元本の金額 上限金利
10万円未満 年20%
10万円以上100万円未満 年18%
100万円以上 年15%

上記の金利を超えてお借り入れされていた方は、利息の払いすぎが生じうることになります。

 

② 出資法

出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律をいいます。

(この法律には処罰規定(刑事罰)を含みます。)

 

③ グレーゾーン金利とは

利息制限法には違反するが、出資法には違反しない範囲の金利をいいます。

多くの消費者金融やカード会社がこの範囲で(違法な)金利を設定していたのです。

(契約上違法無効だか、刑事罰に処せられないという意味で「グレーゾーン金利」と呼ばれたのです)

 

④ 引き直し計算

利息制限法に違反する貸付けについては、利息制限法所定の利率に引き直して計算をします。

(もちろん、この計算を皆様が行うことは簡単でありませんので、当事務所のような専門の事務所に計算はお任せ下さい。)

計算の結果、払いすぎた利息がある場合には、それを元本に充当することによって、契約上の借入残髙が減額されます(要するに、借金が減ります)。

さらに、場合によっては、払いすぎた利息が元本をも超過し、金融業者に対して払いすぎた利息を返すように請求することができる場合もあります。

(これを、過払い金返還請求といいます。詳細は次回以降ご説明致します)。

 

これら任意整理は、時にとても効果のある債務整理法法ですが、計算や金融業者との交渉・和解は簡単でない場合も多いので、司法書士など法律の専門家へのご依頼をお薦め致します。

当事務所も、おかげさまで大変多くの解決事例を得ております。

実績では負けないつもりです。

任意整理をお考えの方は、どうぞ一度お気軽にご相談下さい。

よろしくお願いします。