債務整理を依頼する前に確認すべきこと 2

債務整理を依頼される(ご依頼いただく)にあたって確認いただきたい点として、

どの債権者について依頼をしたかを、依頼される皆さんと司法書士で確認をするということです。

(委任にあたっての確認文例)

上記の債権者のみ委任し、当該債権者以外は債務整理の対象とならないことに異議ありません。債務整理対象外の債権者については支払い・連絡の停止の効力は及ばないため、甲の責任で処理いたします。

 

司法書士が債務整理をすると 当該金融機関は原則として、皆様に請求などをすることができなくなります。

言い換えると、依頼をしていない金融機関に対しては、そのような効果はないということです。

非常に大切なことですから、債務整理の依頼時には十分に確認するようにしてください。