債務整理事例集

当事務所にご依頼された方の債務整理の実例を紹介いたします。是非ご参考になさって下さい。

Uさん 30代女性

キャッシングやショッピングの利用が増え、毎月の支払い(特に利息の支払い)が困難になったためご相談に来られました。当事務所は、債務の残る金融業者に対し、将来利息カットの分割払いを要求し、その合意・和解に成功しました。また、過払い金が発生していた金融業者に対しては、過払い金を回収し、債務の返済等に充てました。

Uさん30代女性の債務整理実例

Nさん 30代男性

金融業者5社に対して毎月支払いをされていましたが、過払い金の返還請求ができないものかと、当事務所へご相談に来られました。その後、利息制限法に引き直して計算をしてみると、5社全ての債務がなくなり、逆に過払い金が発生することが判明しました。結果は下記のとおり、総額700万円以上の過払い金を回収されています。なお、2社に対しては、ご本人が法廷に立つ本人訴訟を提起(当事務所が書類作成でサポート)し、各々140万円以上の過払い金を回収されています。

Nさん30代男性の債務整理実例

Kさん 50代女性

金融業者5社に対して、毎月まじめに支払いをされてきたのですが、いっこうに元金が減らず、自己破産をできないものかと当事務所へご相談に来られました。ところが、借入れ状況をお聞きすると、多くは取引期間が10年を超えており、自己破産をしなくてもよいかもしれない旨を説明し、債務整理を行いました。結果は下記のとおり、全ての債務がなくなり、かつ総額約400万円もの過払い金を回収することができました。なお、2社に対しては、当事務所司法書士が代理人となり民事訴訟を提起し、1社については事実上勝訴となる和解を、もう1社について勝訴判決を得ています。

Kさん50代女性の債務整理実例

 

Wさん 20代女性

ショッピングの利用及び返済のための借入れが増え、返済が不可能になったため当事務所へご相談に来られました。免責不許可事由である浪費に該当するかのような誤解を招きそうなケースであったため、そうではない旨の書面を作成・提出し、本人の努力もあり免責を得ることができました。

Wさん20代女性の債務整理実例

Sさん 50代男性

数年前に失業され、生活保護を受給されている方です。4社から700万円以上の負債があり、とても返済をすることはできないと思い、当事務所へご相談に来られました。自己破産を希望されていましたが、裁判費用・司法書士報酬を捻出することが困難であるため、法テラスの民事扶助制度を利用しました。これにより費用101,000円につき毎月5,000円程度を法テラスに支払うことで自己破産制度を利用することができました。

Sさん50代男性の債務整理実例


 

無料相談