自己破産 破産申立書のチェックリスト17

自己破産 破産申立書のチェックリスト○○

(大阪地方裁判所の破産申立書作成のチェックリスト)

【負債関係の調査(債権者一覧表)】

(前回からの続き)

「備考」欄について

□使途欄の「保証」がチェックされている場合

 → 主債務者名を,申立人との関係とともに記載しなければならない。

□使途欄の「その他」がチェックされている場合

 → その具体的内容を記載しなければならない。

□7年前の年の1月1日到来当時の利息制限法超過の貸金取引の有無を調査したか。

 → 例えば,平成29年中に破産申立てをする事件については,平成22年1月1日到来当時に利息制限法超過の貸金取引が既にあっ  たか否かを調査したか。

 ある場合・・・取引履歴の開示を受け,過払金の有無を確認しなければならない。

 過払金がないことが判明した場合,備考欄に「引直し済み・過払金なし」と記載しなければならない。

  → 過払金があることが判明した場合は,「財産目録」の15(過払金)に記載してください。

□再生計画認可決定が確定したものの,当初予定していた支払が困難な状況に陥り,破産申立てに至った場合

 → 備考欄に再生計画により権利変更された旨を注記しなければならない。