自己破産 破産申立書のチェックリスト36 不動産を所有する破産

(大阪地方裁判所の破産申立書作成のチェックリスト)

 財産関係の調査(財産目録)~③の付箋

 

(前回の続き)

標準資料8・・・不動産登記全部事項証明書等

④ 建物又は土地の片方のみを所有するような場合でも,借地権価格等を算定するために他方(敷地又は建物)の登記全部事項証明書と固定資産評価証明書も併せて提出してください。

⑤ 被担保債権残額が,固定資産評価証明書による不動産の評価額の1.5倍を超え2倍までの場合(→「確認事項」欄の□にチェックする)

→ 業者の査定書等,不動産の評価に関する書類を提出してください。

⑥ 申立前2年以内に所有不動産が処分された場合(→「確認事項」欄の□にチェックする)

→ 売却金額及びその使途が判明する書類を提出してください。

→ この不動産の処分には競売された場合も含みます。

 

不動産を所有されている場合には、不動産の登記の処理なども関連しますので、登記の相談も併せて専門家である司法書士にお聴きください。