自己破産 破産申立書のチェックリスト37 自動車と破産

(大阪地方裁判所の破産申立書作成のチェックリスト)

 

財産関係の調査(財産目録)~③の付箋

財産目録9・・・自動車

□自動車の所有につき,以下の項目を検討し,「財産目録」9に記載した。

□債権者一覧表の「使途」欄に自動車の「購入」の記載はないか、を確認してください。

□家計収支表に駐車場代やガソリン代の支出の記載はないか、を確認してください。

□通帳やクレジット取引履歴に自動車の保険料や日本自動車連盟(JAF)の会費,ETC利用料金などの記載はないか、を確認してください。

→ この点を見逃しがちなので、書類作成の際には十分に通帳やクレジットカード明細書などを確認するようにしてください。

□自動車を所有している場合

→ 車検証又は登録事項証明書を見て,正確にこの欄に記載するとともに次の場合には資料収集等をしてください。

□初年度登録から7年以内(ただし,軽自動車や商用自動車は5年以内)又は新車時の車両本体価格が300万円以上の自動車である場合

→ 業者からの査定書などで時価評価額を疎明し,その金額を「時価」欄に記載してください。

□契約書等で所有権留保付の特約がついていないかどうかを確認してください。

→ 所有権留保がある場合には、「所有権留保」欄にその旨を記載してください。