自己破産 過払い金 破産申立書のチェックリスト46

(大阪地方裁判所の破産申立書作成のチェックリスト)

 

財産関係の調査(財産目録)~③の付箋

財産目録15・・・過払金

□過払金の有無につき,以下の項目を検討し,「財産目録」15に記載した。

□7年前の年の1月1日到来当時の利息制限法超過の貸金取引の有無を調査する。

例えば,平成29年中に破産申立てをする事件については,平成22年1月1日到来当時に利息制限法超過の貸金取引が既にあったかを調査する。

□ある場合・・・取引履歴の開示を受け,引直し計算の上,過払金の有無を確認したか。

□過払金を回収済みである場合

→ 回収に要した費用など控除するものを確認し,内訳を備考欄又は上申書等に記載したか。

□和解交渉中である場合や訴訟係属中である場合

 → その進行状況を備考欄又は上申書等で説明したか。

(注意)貸金業者との間で過払金返還の合意はできたが,和解契約書の作成が未了の場合,備考欄又は上申書等で合意内容を説明してください。