自己破産 破産申立書のチェックリスト56

(大阪地方裁判所の破産申立書作成のチェックリスト)

 

破産原因,免責不許可事由等の調査(陳述書)~④の付箋

偏頗行為

支払不能になっていることを知りながら,一部の債権者に偏頗的な行為(非本旨弁済等)をしたこと(破産法252条1項3号関係)につき調査した結果を記載してください。

□偏頗行為につき,以下の項目を検討の上,陳述書の第3・3に記載した。

□知人や親族等に対して非本旨弁済をしていないか。

 → 例えば,家計収支表にその旨の記載がある場合があります。

□支払不能時期以後に不自然な(根)抵当権や所有権移転仮登記の設定登記がされていないか。

 → 否認対象行為がないか,不動産登記全部事項証明書を必ず確認してください。