自己破産 破産申立書のチェックリスト9

(大阪地方裁判所の破産申立書作成のチェックリスト)

 

【標準資料一覧表 添付書類】

(賃貸借契約書)

申立人が,申立人又は他人(親族を含む)の賃借物件(公営住宅,公団住宅,社宅,寮を含む)に居住している場合,賃貸借契約書(※)を提出しなければなりません。

※公営住宅の場合は,住居使用許可書。

※社宅,寮の場合は,それが分かる資料。

 

申立人が賃借人であるが,賃貸借契約書を紛失した場合などには,賃貸人作成の居住証明書(※)など住所の認定ができるだけの資料を提出しなければなりません。

※居住証明書・・・物件の所在地,賃貸人の署名押印,作成日付があり,申立人と賃貸借契約を及び,申立人を居住させていることにつき相違がない旨が記載されているもの

 

他人の賃借物件に申立人が居住している場合は,その賃借人(同人と同居など)の作成に係る居住証明書(※)など住所の認定ができるだけの資料も併せて提出してください。

例えば、友人の賃借マンションに無償で住んでいるようなときは,その友人名義の賃貸借契約書と同人作成の居住証明書を提出する必要があります。

居住証明書・・・物件の所在地,賃借人の署名押印,作成日付があり,申立人を居住させていることにつき相違ない旨が記載されているもの

 

ただし,住民票上,申立人と賃借人が同一世帯で登録されている場合は,この限りではありません。