自己破産

自己破産とは、裁判所に申し立てをし、支払いが不能となった債務、又は債務が超過する場合に、その責任の免除を得る制度です。

この制度を利用するには、債務の支払不能又は債務超過となっていることが必要です。

債務総額がご自身の収入の20倍以上である場合、又は3年で完済することが難しい場合であれば、支払不能・債務超過として自己破産を検討することになります(最終的に支払不能・債務超過であるか否かは裁判所が決定することになります)。

自己破産の流れを説明した画像

自己破産に関する誤解

当事務所にご相談をされる方で自己破産について、次のような誤解をされている方がおられます。制度を正しく理解するため下記に誤解例をまとめておきました。ご参照下さい。

自己破産に関する誤解
× 家財道具など一切の財産を失ってしまう。
× 選挙権がなくなってしまう。
× 戸籍や住民票に記載されてしまう。

 まずは取り立て・催促をストップ!

司法書士が依頼を受け、受任通知を送付した後は、金融業者は依頼者への連絡が禁じられ、取立て・催促をすることが原則としてできなくなります。よって、一旦支払いもストップします。

まずは、司法書士に依頼をして、取立て・催促をストップさせてください。

支払いがストップしている間に経済状況を立て直しましょう。

費用分割払いOK

当事務所では、自己破産書類作成報酬について、ご希望であれば分割での対応が可能です。多くの方が3~6回の分割払いを利用されています。ご希望の方は、お気軽にお申し出下さい。


無料相談